新型インフルエンザ対策 個人(一般家庭)での対策方法
知る。新型インフルエンザ対策

5.新型インフルエンザ 一般家庭での対策

新型インフルエンザは、今回の鳥インフルエンザのように、いつ起こるかは誰にもわからず、また起こったときにどうなるかも誰にも分かりません。重大な被害が起きることを想定して、今できることを準備しておくことが大切です。そのことを理解して、今後の状況に注意しておきましょう。

発生前の準備
  1. うがい・手洗い・マスクの励行
  2. 食料品・飲料品・日用品の確保・備蓄
  3. 発熱時の対処
  4. 「咳エチケット」の徹底
  5. 正しい衛生習慣を身につける
発生直後の対応
  1. 国・地方自治体・マスコミが提供する情報の収集・周知
  2. 発症者の家庭における留意事項
  3. 医療の確保への協力
  4. 不要不急の外出を控える

パンデミックは日本だけのものではなく、2009年の豚インフルエンザH1N1型のように海外のほかの国からほぼ同時に発生することもあり、それによって、輸入が減少したり、停止することが予想され、さまざまな生活必需品が不足して、手に入らなくなることが考えられます。

感染を防ぐためにも、不要不急の外出をしないことが望ましいので、外出しなくても良いだけの2週間分の最低限の生活必需品と1人20枚程度のマスクは準備しておきましょう。

具体的な備蓄品
食料品 米・乾パン・インスタントラーメン・缶詰など
飲料品 ミネラルウォーター・ペットボトルや缶入りの飲料など
医療品 常備薬・解熱鎮痛剤・絆創膏など
日用品 ティッシュペーパー・保湿ティッシュ・洗剤・ビニール袋など
参考資料
個人および一般家庭・コミュニティ・市町村における感染対策に関するガイドライン
[PDF:328KB](厚生労働省 新型インフルエンザ専門家会議)
最上部へ

新型インフルエンザ対策専門店

copyright (c) 2001- Fukuoka S.P.C. Co.,Ltd. ALLRIGHTS RESERVED.